メニュー

ピコレーザー

 

ピコレーザー(エンライトンSR)の特長

エンライトンSRは肌治療に適した細かな設定ができるように開発されたピコレーザー治療器で、シミやくすみなどの色素除去、小じわの改善ほか、様々な肌の悩みに高い治療効果を発揮します。SR は”Skin Revitalization=肌再生” の略です。

従来のレーザーに比べて熱による肌ダメージが少ないピコレーザーは海外で刺青除去のために開発されましたが、「エンライトンSR」は日本で需要の多い“肌の若返り治療”に最適な機器として改良されたものです。

厚生労働省とアメリカFDAより承認された信頼性のある安全な医療機器です。

 

 

ピコスポット(シミ・そばかすをピンポイントで除去)

目立つシミやそばかすに対し、ピンポイントでレーザーを照射する治療です。 

ピコレーザーは高いエネルギーと衝撃波により一瞬でメラニンを細かく砕くため、皮膚を熱変性させることなく、炎症性色素性沈着のリスクが少ない治療を行うことができます。照射時に輪ゴムではじかれたような痛みがあり、1週間程度はシミの色が濃くなります。その後は徐々に薄くなっていきます。

他院では行っていない瞼や目の際、涙袋付近も当院では照射可能となります。眼球保護のために特殊なアイレンズを装着していただいて治療を行います。

 

注意事項
    • 照射直後は赤みや腫れが生じますが、翌日にはほぼ治まります。
    • テープ保護は不要です。
    • 照射箇所が黒く薄い膜状のかさぶたとなりますが、1週間程度で自然に剥がれます。
    • メイクは翌日以降から可能です
    • シミの状態によっては照射後に瘡蓋にならない場合や色味が濃くなったり、薄くならない場合もございます。
    • すべてのシミやそばかすが1回で消えるわけではありません。
    • 1~3ヶ月間隔で治療可能です。

 

 

ピコトーニング(薄いシミや肝斑治療、くすみ改善)

肌全体に低出力のレーザーをまんべんなく照射する治療です。

蓄積したメラニンを回数を重ねて少しずつ排出させるだけでなく、肌のハリや艶のアップ、キメを整えるなどの肌質改善にも効果を発揮します。照射を継続する事により、真皮内のコラーゲンが増生する事も報告されています。

うっすらと見えるごく薄いシミも回数を重ねるごとに更に薄く目立たなくなっていきます。くすみや色ムラも改善するため、顔全体がトーンアップし、透明感のある自然な素肌になることを期待できます。また、肝斑治療にも適しています。(肝斑治療は原則として内服薬を併用します。)

シミやくすみを予防するためには、紫外線や摩擦によって生成されるメラニンの蓄積を防ぐケアが必要です。定期的にピコトーニングを行うことで生成されたメラニンを排出して、蓄積を予防し、美肌をキープすることができます。

 

注意事項
    • パチパチと優しく弾かれるような痛みがあります。
    • 最短で2週間隔で治療可能です。
    • ダウンタイムはほとんどない治療ですが、一時的に赤みや膨疹が出る場合があります。

 

 

ピコフラクショナル(ニキビ跡、毛穴、小じわの改善)

マイクロレンズアレイを装着して強力な衝撃波(ピコトーニングのおよそ2.5倍)による点状レーザーを照射する治療です。

炭酸ガスレーザーのように肌に穴をあけるのではなく深部にエネルギーを届ける治療のため、ダウンタイムが少ないことが利点です。点状の傷の治癒過程と、コラーゲンやエラスチンを増生し肌を再構築することで、肌質改善や毛穴の開き、ニキビ跡、小じわに有効です。

強い痛みや長いダウンタイムがNGな方、マイルドに肌の若返りをさせていきたい方におすすめです。

ピコスポットやピコトーニングと組み合わせることで、美肌印象を引き上げながら、シミ・美白治療に相乗効果をもたらすことができます。

 

注意事項
    • 表面麻酔を使用しますが、痛みを感じる可能性があります。
    • 施術後の赤みは24時間程度出現いたしますが、長くても2~3日程度で落ち着きます。
    • 最短で1ヶ月間隔で治療可能です。

 

 

コンビネーション治療

1日で複数の治療を行うことでダウンタイムを短く済ませ、美白や美肌、肌質改善を強力サポートします。

ピコトリプル

ピコスポット、ピコトーニング、ピコフラクショナルを同日に行う治療です。

ピコトリプルのフラクショナル照射は表面麻酔を使用しません。

ピコダブル

ピコトーニングとピコフラクショナルを同日に行う治療です。

ピコダブルのフラクショナル照射は表面麻酔を使用しません。

 

 

自宅でのケアについて
    • 治療後は紫外線を避け(日焼け止め等のサンスクリーンを徹底)、保湿を十分に行ってください。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME